SEIDAI REFORM ここちよさを求めて
セイダイリフォーム
076-254-5510
受付時間/10:00~17:00 水曜定休
MENU
interview
ご家族様にインタビューさせていただきました
リフォームに合わせて薪ストーブを設置。家じゅう暖かさに包まれた暮らしに。
04

リフォームに合わせて薪ストーブを設置。家じゅう暖かさに包まれた暮らしに。

現在はご主人と奥様の2人暮らしのN様邸。平成28年9月に、築80年の家の1階全体と2階の一部を断熱リフォーム。吹き抜けのある間取りに変更し、ゆったりした寛ぎの居住空間に。3匹の猫とともに憧れの薪ストーブやウッドデッキのある暮らしを楽しまれています。
リフォームに合わせて薪ストーブを設置。家じゅう暖かさに包まれた暮らしに。

Q.セイダイでリフォームをしようと思われたきっかけは?

A.昔の家だということもあって、とにかく室内の冬の寒さが辛くて…。外の寒気がダイレクトに入ってくるからです。家の中には冬のすきま風だけじゃなく、夏には虫も入ってきました。結露やカビにも悩まされていました。一番の理由は家族の健康のためですね。実は母はヒートショックが原因で、お風呂場で亡くなりました。このままではよくないと思って、リフォームすることに決めました。

リフォームは2度目です。事前に何社かにリフォームの見積もりを依頼しました。妻がインターネットで調べて見つけた『セイダイ』にも相談しました。大手の会社は金額が想像より高くてびっくりしましたし、スタッフの対応も事務的というか、あまり誠意が感じられなかったのが残念でした。対照的だったのは『セイダイ』でした。比較的良心的な金額でしたし、なによりスタッフの方々がとても親身になってくれました。私たちが店舗に相談に伺った時にも、入口ではスタッフが勢揃いして出迎えていただいて、そのアットホームな雰囲気にとても感激しました。

転居せず、住みながらのリフォームのため、工事は6ヶ月かかりましたが、お風呂やトイレも別に設置するなど、しっかりした対応のおかげで不便は感じませんでした。それに、いい大工さんに恵まれました。大工さんから「白アリ対策のためにも、床下に詰め込んである木材などをすべて取り除いた方がいい」といったアドバイスもいただき、全部取り出すことにしました。薪用に切り出す道具のことも教えてもらい、今でもそれを使って自分で薪材を切り出しています。そんな大工さんとの交流が楽しい思い出になりました。

Q.リフォームでこだわった点は?

A.「できたら吹き抜けをつくりたい」と要望したら、『セイダイ』から「使っていないスペースを活かしましょう」とのご提案をいただき、2階の物置き部屋のスペースを取っ払い、年に数回ほど来客用にしか使う機会がなかった座敷も一体にして、念願だった吹き抜けのある広いLDKに生まれ変わりました。他にも「薪ストーブを入れたい」とか、「ウッドデッキが欲しい」とか、数々の要望も叶えていただきました。薪ストーブの煙突は、屋根に向かって真っすぐ伸びるように設置するのはなかなか大変だったのではないかと思いますが、すっきりとした空間になりました。リフォーム時に導入することで、あらかじめ設置場所を計画できてよかったです。キッチンは昔ながらのつくりのため、妻がいつも孤独に作業しなくてはならなかったんですが、対面式キッチンにしたことで、テレビを観ながら、家族と話をしながら、家事や料理ができます。また、キッチンとバス、洗面台、洗濯スペースの水回りが隣接する間取りにして、洗って、干して、片づける作業が一ヶ所でできて家事が大幅にはかどるようになりました。

1階は全体的に断熱工事を行ったんですが、2階の方は一部だけです。2部屋を1部屋にまとめて広さを確保して、大きなクローゼットも設けました。しばらく息子の部屋にしていましたが、今は結婚して近所で家族と暮らしています。

Q.実際の住み心地はいかがですか?

A.冬は薪ストーブの暖かさが、吹き抜けを介して2階まで行き渡ります。少し暖かくなり過ぎた時などは天井のシーリングファンを回して温度調節しています。薪ストーブは料理にも使えて、思い切って取り入れてよかったなと思います。光熱費は灯油代がかさんでいたのが不要になった分、格段に安くなりました。夏はエアコン1台だけですが、つけないことも多いです。木々や竹林に囲まれていることもあって風が通るので、わりと涼しいんです。今までの部屋の温度差がすっかり解消され、家じゅうどこにいても快適ですね。たまに知人の家に行くと寒いなと感じて、「そういえば数年前の我が家もこうだった」とあらためて思い出しますが、数年住んでいるともうすっかりこの心地よさに慣れて、当たり前になってしまっています(笑)。

せっかく部屋がたくさんあるにもかかわらず、一角の小さなスペースだけで窮屈に暮らしていたのが、使わない空間を最大限に活かすことで素敵な住空間に様変わりさせて、さすがですね。孫たちが遊びに来ても、安心して自由に走り回れます。私は特に2階から吹き抜けを見下ろす景色が気に入っています。リフォームによってむき出しになった梁の部分は、猫の格好の遊び場となっていて居心地がよさそうです。リフォームして猫も大喜びしているんじゃないでしょうか(笑)。

それから、以前部屋だった部分を、軒のあるウッドデッキにしていただきました。だから雨の日でもバーベキューができますし、新聞を読んだり、お酒を飲んだり、毎日のように利用しています。居心地がバツグンで、もう一つのリビングといった感覚で過ごしています。

Q.これからリフォームを考える方へのアドバイスをお願いします。

A.リフォームは直していくうちに、ついでにここも直しておきたいっていう思いが湧いてくるので、多少なりとも費用が膨らんでいきます。それも踏まえて予算を考えておいた方がいいかもしませんね。あと、予算的にこれは無理なんじゃないかなと思っても、とりあえずいろいろと要望を伝えてみた方がいいと思います。「こんなふうな家にしたい」と長年温めてきた妻の願いもちゃんと実現できましたから、やっぱり言ってみるものです。ただ、『セイダイ』からは私たちのそんな要望に応えて色々と提案してくださるので、こちらもあれこれ悩むことが多かったですけどね(笑)。

それと、縁の下の木を取り出したり、家の周りの竹林の手入れだったり、リフォームとは違う部分も手を付けなければならなくなったのが予想外のことで、「どうすればいいんだろう」と心配していたところ、「大丈夫、なんとかなりますよ」と言ってくれ、私たちの不安を取り除いてくれました。『セイダイ』のような客の立場になってくれる会社にリフォームをお願いしてよかったと思いましたね。満足のリフォームは人ありきです。『セイダイ』のアフターサービスにも感動しています。社員のことなどを紹介する通信を定期的に送ってきてくれていつも楽しみに読んでいます。工事が終わったらおしまいではなく、お付き合いがずっと続いていくのがいいんです。

家のリフォームというのは、自分自身に元気を与えてくれるものだと感じています。リフォームで住みよい暮らしが手に入ったことで、「まだまだ頑張らないと」という気持ちになりました。冬に備えてストーブ用の薪もまだまだたくさん切らないといけませんからね(笑)。